chippa

作家の感性は、何かをキッカケに意外な方向にアンテナを向けることがあります。人の想いを描く抽象画の創作から、身を飾る手縫いの小物制作へ。顔シリーズのアクセサリーが人気の【chippa】さん。

今回の出店では、「手縫い」と「絵画」の制作手法を合わせたインテリア作品も登場します。無地のファブリックに顔料で着色し、手縫いと刺繍で仕上げた額モノ作品です。

そんな作家からのメッセージ。

 

私は元々、美術の勉強をしていて、絵を描いていました。息抜きにと、裁縫で人形を作っていたある日、その人形たちを「カワイイ」と言ってもらえた事が今の活動のきっかけだったかもしれません。

かつて制作していた絵画作品は、とても内面的でグレートーンのものばかりでした。今の作品は色を多く使いますが、その色合いは、絵画作家としてデンマークで滞在制作をした頃から変わったように思います。

国がかわると、目に飛び込んでくる色が異なるのが不思議です。

デンマークでは、加工フィルターが自分の目にかかっているような、コントラストや彩度が高くなったような、一色ずつの色の幅が違うような感覚でした。風景の違いではなく、見える色の違いです。これまで見たことのある西洋絵画が、本当にこの色だったんだと驚きました。

滞在中は、迷いながらも、いままでとは真逆の明るい作品を作っていきました。
私の中に色の幅が広がり、見え方の違う世界に影響を受け、その延長線上に今の作品たちがあります。

以前から物語を考えるのが好きだったこともあり、最近ではストーリーを決めての作品づくりも増えてきました。
新しい感覚が、自分の中にまた作りたい作品のイメージを増やし、制作が追いつかないこの頃です。

絵を描く息抜きとして、楽しく始まった【chippa】さんのハンドメイド作品。

肌にやさしい樹脂パーツのピアスや、布とシリコンカバーのあるイヤリングは、ご自身が金属アレルギーであることから、自分でも付けられるカワイイアクセサリーをと思い、形になったアイテムだそうです。

 

八窪章吾

小さな造形を続ける、アーティスト【八窪章吾】。

いままで感じたことがない色、質感との出会いを、オブジェの造形を通して、世の中に提示しています。

作品を「見つける」過程も、いわばアートの一要素。それを感じていただくための空間表現でも、期待感あふれる展示を展開。コロナ禍の中では、Web上に現れた不思議な森を散策する感覚で、小さな作品たちを見つけていく展示会を開催。家にいながら、迷宮を探るようにオブジェを見つける試みでした。

今回は、商業施設内での展示であることから、皆さまに親しみを持ってアートに接していただけるよう、身につけるオブジェとしての装身具や、動物モチーフのものも、展開します。

iwashikujira

なんとなく似てるかな~という「雰囲気にがお絵」をお届けする、イラスト作家【iwashikujira】さん。

(今回の雰囲気にがお絵は写真から描きます。その場で、にがお絵用写真を撮ることもOKです! コロナ対策です^^)

雰囲気にがお絵は、お部屋に飾りやすい ふわっとした画調なので、和やかな空気を運んでくれます。

いつもニッコリした似顔絵の中のアナタと大切な人。うっかりケンカをしてしまった時、ちょっと見上げてみていただくとよいかもしれません。

ホッコリしたイラスト雑貨をクリエイトする作家のからメッセージ。

 

 絵を描くのが好きだから、イラスト作家として活動し、みなさんに喜んでいただく。

 好きなことを仕事にできるって、あたりまえですが、楽しいことです。

 「絵を教えてください」と言われることも時折ありますが、お教室をしたことはありません。自分が、習ったことを実践しているのではなく、好きなことをしているので、たぶん、教えることはとっても苦手。

 もし、絵について、こどもたちに伝える機会があるとすれば、
「描きたいように、描いてみよう!」とだけ、ニッコリと伝えたいですね。

 なんとなく似てるかな~という感じだから「雰囲気にがお絵」ですが、狙って始めたわけではなく、自分の描きたいように ゆるくやってみたら、出来上がったにがお絵を見て、「あはっ^^)」っと、目の前で喜んでいただけたのが、続けるきっかけになりました。

 これが おシゴトになっているのは、もう奇跡的です。。。

 

 

 

貝殻アトリエJyarinko

愛知県・蒲郡市。その海岸を散歩中に出会った「ナミマガシワ」という貝殻。ピンク、黄色、白。。。 天然の貝が持つ煌めきは、はまるで宝探しのような気分。

この貝殻を材料に、皆に感動を届けられたら…

その想いが高まり、2013年、蒲郡の一軒家にてアトリエをオープン。地域との繋がりを大切にモノづくりを続けています。

蒲郡の素敵な風景を感じてもらえるように、と考案したのが、ウェルカムボードの『参加型オーダーメイド』。カップルに蒲郡にお越し頂き、貝殻拾いから参加いただくことで、思い出いっぱいのウェルカムボードをお届けできます。

「素敵な海」が伝わりますように。

 

 

ガロチャ

愛知県岡崎市のアトリエで、端革を活かしたアップサイクルで革靴や小物を制作する作り手。

革をパズルのように組み合わせた、遊び心いっぱいのアイテムたち。色のお好みをご相談しながらセミオーダーでお作りする革靴です。

地元では、革のパッチワークでつくる講習を様々なアイテムで企画。 色合わせを楽しみながら「こんなのが出来た!」という満足感を皆さまにお届けしています。

パッチワークゆえにできる、「ランドセルリメイク」の依頼も。

従来の方法では、革の形や量から、出来るモノが限られていたランドセルからのリメイク。思い出のつまった革をアクセントにし他の革とパッチワークで組み合わせることで、お好みのアイテムを複数個制作することが可能になりました。

+++++

【coccinea】繊細な糸のアクセサリー

花を扱う仕事をしていた経験から、「架空の植物採集」をブランドコンセプトに、さまざまな糸を編み、
繊細な作品を生み出す、つくりびと。


植物の持つ雰囲気をどこかに纏ったような作品を提案しています。
例えば、見えない種の中に、何か大切なものが詰まっているかも、というイメージ。
「そこにある何か」に想いをめぐらせ特別なアクセサリーに仕立てます。

【靴Logi】エコレザー&革靴

タンニンなめし革を使用し、サスティナブル(持続可能性)
を意識したモノづくりで、地域を大切に、幸せの輪が繋がる
ような暮らしを提案しています。


義肢装具士の専門学校を卒業後、靴作りの会社勤務を経て、
個人作家として独立。革バッグや小物など、様々な暮らしの
アイテムを作る中、近年は靴づくりにルーツがあるブランド
として、セミオーダーシューズに力を入れます。


一方で、獣害として駆除されたイノシシやシカの革利用にもチャ
レンジ。獣害駆除でいただいた命に感謝し有効に活用するため、
1点ずつハンドカットし、端革を活かした作品です。

 

【BUHIYA+】

クリエイティブな布小物を展開する、作り手。

ヒトやモノとの予期せぬ出会いが、私たちを旅へと惹き付けている。
旅先で、ふと、前を歩く人がサルを背負っていたら・・・そんな楽しい偶然の出会いをクリエイトしたい。

ぶたモチーフのアイテムをはじめ、動物バッグなど 目にした人が思わず声をかけたくなるようなコミュニケーション広がるアイテムをお届けしています。

 

【tantaka.】金工

なんだか身近で、見つけた時にホッとするアクセサリー。

タンタカ キンゾク タンタカ。。。
なにげないけど ちょっとオモシロイもの
シンプルだけど ずっとあきないもの
あたらしいけれど どこかナツカシイもの

そんな事を思いながら日々タンタカした
生活を楽しくさせる、ちょっとアートな金工作品。
宝探しをするように
ディスプレイの中からお気に入りを見つけてください。

【 mossmile 】苔テラリウム

 

苔テラリウムの魅力を伝え、ワークショップを主催する【mossmile】。

幼い頃に山にキャンプに連れていってもらった経験が、グリーンと暮らしとの距離を縮めているそうです。
造園業に携わっていた時期に苔が造りだす小さな世界に魅力され、その仕事を離れたあとも、苔に触れるたびに心が癒されるのを感じ、自分が苔で癒された経験のように、みなさんに苔の魅力に触れて欲しいと、テラリウムの制作をしています。
苔が持つ微細な美しさや、癒しの効果を、多くの方に感じていただければと。

テラリウムに使用している苔は、お買上げいただいた後の室内環境に慣れさせる為、3~6カ月程度、自分のアトリエで育成したものを使用しているとのこと。

興味をお持ちの方は、ぜひ、苔テラリウム制作のワークショップにご参加ください。

 


▶ ワークショップのご予約はこちかから