伊藤みのり

コンセプトは「音楽から生まれる情景」

音楽奏でることを愛する作家は、管楽器に用いられる素材、真鍮(しんちゅう)を使い、イメージを形にします。

真鍮板に刻まれた、音と情景。

音楽から生まれたドローイングを、小さかけらとして身につけたよう。

こちらは、漆喰とアクリル絵具による、「音楽から生まれた情景」たち。