『糸と布』 第2週

飾り、彩り、まとう。
小さな工房から生まれるものたち。

第2週(9/9 – 9/15)は、「九州からの風」。 福岡県と佐賀県で活動する、2組の作り手をご紹介します。

+++++

Rei Tsuchisaki

古いもの、新しいもの、様々な素材を組み合わせ、佐賀県鳥栖市の工房でバッグを制作しています。

作品とは自分と外の世界をつなぐ「窓」のような存在だといいます。

全て異なる表情に仕上げられる作品。それは話さないけれど、込めた想いや物語はモノを通して使い手に語られます。

作り手の想いと、使い手の暮らしが重なる時、心を躍らせる時間が生まれるのです。

 

Happy Dot

古き良き昭和の初期。福岡の商店街で、祖父が営んでいた「高橋洋服店」。それが形を変え、母と姉妹、3人で 婦人服を制作しています。

洋服を着ること自体が楽しみであった祖父の時代と同じように、お気に入りの一枚を着て、素敵な1日を過ごしてほしい。

お客様の声を聞き、良質で着心地の良い、あなたらしく過ごせるようなリネンのお洋服を提案すること。 生地を探す時も、デザインを考える時も、お客様が隣にいます。

+++++