【三州足助屋敷】木の器と篭

三州足助屋敷は田舎暮らしの知恵や素晴らしさを人々に伝える場所。
塩の道と言われた飯田街道の宿場町、旧足助町(現在は豊田市足助町)にある公共施設です。

「これからのつくりびと」には、
木の器の原章展と、篭作りの若手職人 鈴木脩希が出店。

詳しくはこちらの『L.O.C.A.L』という取組みの中で紹介しております。