【彫金師 史郎】金工アクセサリー

伝統的金工技術を活かし、地金を造形し、彫り、磨いて仕上げる。
その全ての工程を、ハンドメイドでおこない、金工のアクセサリーを制作する、つくりびと。

伝統工芸品と呼ばれる品々は、それほど遠くない昔、身近な物であり、暮らしの道具でした。
金属工芸においては、刀鍛冶は刀の他に鎌や包丁などの生活用品も作り、錺屋(金工細工師)は、装飾品である櫛や簪を製作していました。
しかし、生活スタイルが変化し、工業製品があふれるようになると、工芸品は使わないからと日常から切り離されていきます。
そして生活の中から、次第になくなっていきました。

工芸の世界では、多くの場合、制作工程は細かく分業化されており、職人はそれぞれの作業のスペシャリスト。そのため、その工芸全体の需要が低下し、分業化された流れが動かなくなると、企画・デザインができない職人たちは、時代に合った商品をつくる事ができなくなります。技術が素晴らしくても、人々が求める品をつくりだせないのです。

個人作家として、その全ての工程をただひとりで行うことで、伝統的技法・技術を活かすことができます。
今の暮らしにあったデザインを考えながら、造形し、彫り、磨いて仕上げる。そんなつくりびとです。