【白木千華】陶芸

就職して地元である四日市の万古焼産地に戻って、趣味で通い始めた陶芸。
なぜかやめずに通い続けて10余年。
当時は、陶芸を仕事にするには器を作れなきゃだめ、というイメージが強くあり
そして私は器で勝負して何とかなる気がしませんでした。だから趣味の人でした。

その間、ペンギン好きがこうじて、南半球の国々で野生ペンギンを観る旅に出かけました。NZやオーストラリア、南米、フォークランド諸島、そして南極。

海外にペンギンを見に行っている間、タイミングが合えば現地の陶芸教室やアートスクールを見学したり、クラフト作家さんと一緒に制作したり。

そんな時間の中に、転身のキッカケがありました。

日本の陶芸には素晴らしい技術があること。そして、モノづくりが共通言語になり得ることや、世界中どこでも陶芸の仕事ができることに気が付きました。
海外では器を作っていない陶芸家も多く「いざとなったら海外もありかも」というところで、陶芸を仕事にする決心がつきました。

「陶芸が趣味のペンギン好きの人」
から
「陶芸作家」へ変身です。

自然とか動物には、まだ知らないだけで素敵なことや美しいことがいっぱいあって、世界にもちょっと目線を変えると面白くなることがたくさんあると思うのです。
そのことを言葉で伝えるのと同じように、陶芸というカタチで多くの人に伝えられたらいいな。
これが私の最終的野望(?)です。

たのしい陶芸で、世界をたのしく!